2020.08.14Topics

Google Analyticsの設定していますか?

こんにちは。スタッフライフです。
突然ですがGoogle Analyticsは導入されていますでしょうか。


弊社がWebサイト制作させていただく企業様の中でも、導入し活用されている企業様、導入されていない企業様と様々です。
Google Analyticsは基本無料で使用することができますので、まずはデータをためる目的で導入してもいいかもしれません。

今回は導入後、そのまま放置していませんかという内容となります。

導入支援しておりますと、Google Analyticsは導入したものの誰も管理しておらず、初期の設定もしていない企業様が意外と多く見られます。そこで導入後、まず設定した方がいい項目についてご紹介いたします。

■ビューの切り分け
・なんのフィルタもかかっていないもの(すべてのウェブサイトのデータ)
・フィルタをかけた本番環境のデータ(自社アクセス除外等)

アカウントを作成すると自動的に「すべてのウェブサイトのデータ」というビューが自動的に作成されます。
後述するフィルタ等の設定をすると元の状態で集計できない為、「すべてのウェブサイトのデータ」に元のデータ、「本番環境」(名前はご自身で設定)にフィルタ等を設定し調整したビューを追加しましょう。

■タイムゾーンを指定
特に意図が無ければ日本でいいと思います。たまに設定をしておらず米国の設定も見受けられます。

 

■デフォルトのページを設定
「/」と「/index.html」で同じコンテンツを表示している場合、Google Analytics上ではこれらのページは別々に集計されてしまいます。
別々に集計したい場合はここは設定しなくても問題ございませんが、大抵の場合は同じコンテンツなのでここに「index.html」を設定し、同一のページとして計測した方が分析が行いやすいと思います。

 

■除外するURLクエリパラメータを設定
パラメータとはURLの最後の方に「?」の記号以降の文字列のことを言います。このパラメータを削除する設定となります。
sessionidやfbclid(Facebook共有時に末尾につくパラメータ)については、数が多くなると分析が行いにくくなりますので、ここに設定しクエリパラメータを削除して集計を行います。

 

■通貨を設定
日本円でいいと思います。ここもたまにドルのサイトも見受けられます。

導入当初の設定は上記内容を設定することによって、設定していないときに比べて精度が大幅に向上すると思います。
自身の運営しているサイトのGoogle Analyticsについて、設定を定期的に見直す時間をつくってもいいかもしれませんね。